トモノウコーヒーの日々あれこれ

C.O.E ニカラグア.ラ.エスパニョーラ農園

a0091181_14512224.jpg
【Cup Of Excellence Nicaragua 2011】
生産地域:San Fernando,Nueva Segovia
(サン・フェルナンド、ヌエバ・セゴビア)
農園名:La Espanola(ラ・エスパニョーラ農園)
農園主:Rene Martin Paguaga Buitrago
(レネ・マルティン・パグアガ・ブイトラゴ)
標高:1,600m
精製方法:ウォッシュド&サンドライ
品種:パカマラ


エスパニョーラ農園はホンジュラスとの国境に接する北部ヌエバ・セゴビア県サン・フェルナンドに位置し、バクやケツァールといった野生動植物と共生しながらコーヒー栽培を行っています。
レネ氏は2003年からコーヒー栽培を始めました。
当初は8ヘクタールの土地で栽培し、カトゥーラとパカマラで年間数十袋生産出来るだけでした。
今では約28ヘクタールにまで栽培面積を拡大し、残りの約220ヘクタールある土地は自然をそのまま残しています。
この地域の気候や土壌は、コーヒーを始めとする様々な植物が生長するのに適した環境が整っています。
自然との調和を第一に考えながら営んできて9年目、一代で築いたカップ・オブ・エクセレンス入賞は彼にとって最高の栄誉となりました。

フローラルな香り、グレープフルーツを思わすジューシーな酸を活かしたく、
ローストはミディアムで仕上げています。
飲み口は軽いですが、マウスフィールもしっかりしてますし、甘みも十分です。

¥680/100g
ぜひお試しください。(シティローストもやるかもです)
[PR]
by tomono-coffee | 2012-02-29 15:07 | 限定コーヒー豆