トモノウコーヒーの日々あれこれ

カテゴリ:定番コーヒー豆.ストレート( 6 )

ペルー.ティアラ.オーガニック

ペルー.ティアラ.オーガニック ¥500/100g(税別)  <中煎り> 品種:ティピカ.カトゥーラなど。

ペルー・ティアラ オーガニックはペルー北部・ロレト州とアマゾナス州にまたがる
アマゾン川の源流マラニョン渓谷にて栽培されています。

標高1,500m~1,700mの高地のため、寒暖の差が激しく実が引き締まり、甘味が強く、
しかも刺激のない柔らかい味を醸し出す最高級品です。

化学肥料、農薬等を一切使用しない昔ながらの有機栽培にてコーヒーは育まれ、
じっくりと時間をかけて天日乾燥しています。

ナッツ系の柔らかい風味と甘みが特徴的。
[PR]
by tomono-coffee | 2011-09-13 19:24 | 定番コーヒー豆.ストレート

コスタリカ エルサル オーガニック

コスタリカ.エルサル.オーガニック ¥600/100g(税別) <中煎り><中深煎り> 品種:カトゥーラ.カツアイ

エルサル オーガニックの生産地は、標高1,600~1,750mとコスタリカ・ウエストバレーでは最も高い位置にあります。その生産地であるウエストバレーのZARCERO(サルセロ)町に3人のコーヒー農家(エルサルグループ)が共同で所有しているマイクロ・ウエット・ミルがあります。名前はミラモンテス。最新の精選機械を置き、パティオは700m2で雨や露による品質劣化を防ぐためにビニールハウスになっています。
ここでは様々な樹木や薬草とコーヒーの木を混ぜて植え、自家製の有機肥料・自然農薬を与えて、無農薬で有機栽培のコーヒーを栽培しています。

 完熟した赤いコーヒーの実を摘み取ったあと、果肉除去機を通し、デスムシナ・ヒナドールという新しい機械で‘ぬめり’の95%を取り、発酵槽で12時間寝かせた後、水洗します。その後、ビニールハウスのパティオで約一週間かけてじっくり天日乾燥させ水分を12%まで落とします。

 高い標高は、昼夜の寒暖の差により、引き締まったコーヒー豆を生み出し、カップは酸味と甘みのバランスが良好で、しっかりとしたマウスフィールも兼ね備えています。
a0091181_19471975.pnga0091181_19471799.pnga0091181_1947128.pnga0091181_19472780.jpg
[PR]
by tomono-coffee | 2011-09-06 19:53 | 定番コーヒー豆.ストレート

KENYA.キアンガイ農園

ケニア.AA.キアンガイ農園 ¥600/100g(税別) <中煎り> 品種:SL28.SL34(在来種)など。

a0091181_18173619.jpgキアンガイ農園は、首都ナイロビ近郊、ケニアでもトップクラスの珈琲豆を産出するキリニャガ地区にあります。

この地区は、ケニア山の麓、標高2000mの火山地帯にあり、
養分の豊富な赤い火山灰土、収穫期の1-2月に雨が降らず、気温も低いことから、高品質コーヒーの栽培に適した土壌環境にあり,1967年の建設以来、この地方では高品質のコーヒーを生産する精選工場として有名です。

恵まれた自然環境の中で、伝統的な在来種を栽培し、高い水洗処理技術、天日によってゆっくりと乾燥され出来上がりました。


トロピカルフルーツやスパイスを思わすフレーバーとしっかりしたボディ、クリアな酸が特徴的。
[PR]
by tomono-coffee | 2011-09-03 18:24 | 定番コーヒー豆.ストレート

イルガチェフェ.モカ G2.FLO.オーガニック

イルガチェフェ.モカ.グレード-2.FLO.オーガニック ¥600/100g(税別) <中煎り>. [フェアトレード]

エチオピア南部イルガチェフェ・エリアの標高2,000m近辺にてシェード・ツリーの下で有機栽培し、
伝統的な水洗処理、天日乾燥によって仕上げられています。
独特のフローラルな香り、ピーチのような酸が素晴らしいコーヒー。

a0091181_19515082.jpga0091181_19514831.jpg
[PR]
by tomono-coffee | 2011-08-30 20:05 | 定番コーヒー豆.ストレート

グァテマラ.プエルタヴェルデ農園。

グァテマラ.プエルタヴェルデ農園.ブルボン <中煎り> ¥524/100g(税別) 品種:ブルボン

a0091181_1918242.jpg古都アンティグアの盆地(パンチョイ渓谷)の谷底に位置し、標高1,525m~1,600mに農園は広がっており、高峻なアグア火山、アカテナンゴ火山、フエゴ火山と、三つの火山に囲まれ、この火山がもたらした豊かな土壌は軽石を多く含み、年間を通して一定の湿度を維持しています。
また、日中は燦々と日差しが照りつける反面、夜間は山から谷底に冷たい空気が吹き付けるため昼夜の寒暖の差を生み出しており、しっかりと締まった硬いコーヒー豆の生まれる素地になっており、この恵まれた自然条件が、豊かなフル・ボディと完熟果実のフレーバーに加え、上品でクリアーな酸味を持つコーヒーを創り出しています。

フローラルな香りとベリー系の酸、しっかりとしたボディが素晴らしいコーヒー。
[PR]
by tomono-coffee | 2011-08-29 19:28 | 定番コーヒー豆.ストレート

ブラジル.トミオフクダ(Bau農園).ブルボン

ブラジル.トミオフクダ(Bau農園).ブルボン <中煎り>¥500/100g(税別) 品種:ブルボン 精製:ナチュラル.天日乾燥

a0091181_18262881.jpg トミオフクダの農園 Fazenda Baúは、ミナスジェライス州/セラード地区/パトスデミナス付近標高約1,100mにあり、ブラジルでも標高の高い場所に位置します。この地域はセラードの中でも特に雨期と乾季がはっきりとしており、最もコーヒー栽培に適した気候となっています。

中煎りで軽い口当たり。ナッツ系の香りと強い甘みが印象的。
[PR]
by tomono-coffee | 2011-08-27 18:36 | 定番コーヒー豆.ストレート